<<  2012年度 病院のあゆみ  >>              
私達の病院は、2012年1月の建設計画発表から突貫で工事中です。
万全を期して、ドクターのスキルアップトレーニングも実施中です。
2013年4月に開院の予定です。もう少しお待ちください。           

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
○「 第二回おもちゃ修理講習会 」下記の内容にて予定通り実施されました。
   福岡の先輩ドクターお二人様と16名の当病院の皆様にご参加頂きました。
   有難うございました。 

   日時:2012年12月2日(日)  13:30〜16:30
   場所:県総合社会福祉会館  3階 第三会議室
   内容:福岡在住の先輩ドクター2名による実習講習
      ラジコン関係、そのほか

★初めてのシリ-ズW「 おもちゃ病院(臨時)開院!」★

ついに「大分おもちゃ病院」(臨時) 開院です。 
 日時:2012.10.8 (月・祝日) 10:00〜16:00
 場所:大分市iichiko総合文化センター
 主催:大分県地球環境対策課

大分県地球環境対策課主催の病院に、福岡のドクター3名と大分県内のドクター約10名が参加
ご担当の周到な準備の元、皆様のご協力を得て ”無事”に終える事が出来たのではと思います
60点近いおもちゃが来院されました。(嬉しい悲鳴 ・・)
テレビ局や新聞社の方々も来られて、正式開院への期待もヒシヒシと感じさせられました。

今回のおもちゃ病院、当初は福岡のベテランドクター3名がご担当ということで
私達(私)は全くのお手伝い気分でしたが、方針変更で治療も担当となり大慌て...。

★ 初めてのシリ-ズV「 インターン実習 」 ★

施設写真

初めての「 外部研修会 」です。 2012.9.1
 場所:おもちゃ病院筑紫野」(筑紫野市・カミーリア) 以下は研修参加者報告より抜粋
患者さんが来院されるのを待つ間に、先輩ドクターから工具の紹介、説明を受けました。
この日は結局、3組の親子の患者さんが来院されました。
(普段は10人程度との事。夏休み最後の土曜日で子供達は宿題等で忙しかったのか?)
内容は「無線の消防車」、「ラッパ型の音の出るおもちゃ」、「小さなキーボード」でした。
手際よく受付け、担当ドクターにつなぎ、修理をする一連の作業を見学させて頂きました。
無線の送信機では、レバーを固定している仕組みが難解でいろいろと試行錯誤している
先輩ドクターたちのやり取りが参考になりました。
結局、小さな穴を開け中に隠れていたビスを見つけた時には「さすが」と感心させられました

※参加頂いた方々は1日がかりで大変だったようですが、私たちの病院のオープンには
 欠かせない大切な1歩だと思います。 ご苦労様でした。(編)

★ 初めてのシリ-ズU「 おもちゃ修理講習会 」 ★

施設写真

  初めての「 おもちゃ修理講習会 」です。 2012.7.28 P.M
福岡の松熊ドクター、杉ドクターの先輩両氏をお招きして技術トレーニングを実施しました。
県内の各地区から総勢21名が参加されて熱気に満ちた講習会となりました。
1.特殊工具・部品や測定器などの説明を受け苦心のお宝機器等を見せて頂きました。
2. 「ぬいぐるみのおもちゃ」 修理→ 「無線おもちゃ」・「トーマス」修理実習で腕を磨きました。
最後に、疑問に思っている事柄等を説明して頂き充実の一日を終えました。
皆様 ご苦労様でした。又、有難うございました。 (後日、残りの写真も掲載予定です。)

★ 初めてのシリ-ズT「訪問者」 ★

施設写真

  初めての「お客さん」です。★  2012.6.9
 技術トレーニング中の私達の病院に、
 通りがかりのおもちゃ大好きのお二人さんが興味津々で入って来られました。

 音のでるおもちゃが好きということで数点プレゼントをさせて頂きました。
 写真左はその一つを大慌てで修理中のものです。 手術中って感じに見えませんか?
 お陰でいつもと違い真剣なトレーニングになって感謝です。 


施設のご案内

施設写真

ここが私たちの診察と治療のための室です。
おもちゃの診療の技術トレーニングなども
ここに集まって行ないます。
ご来院をお待ちしています。
気軽にお越しください。


診察・診療機器について

機器写真

診察や治療に使う機器の一部をご紹介します。
・病院共有の診察・治療機器
・各ドクターの個人用機器(道工具)

・診療に使用する部材や薬(補修剤)など
・診療のレベルアップ用の学習素材も多数準備。


このページの先頭へ
inserted by FC2 system